ボトックスエラ施術を成功させよう【病院選びが大切】

ナース

美容整形における小顔治療

鏡を見る人

注射でシャープなラインを

昨今、美容整形は以前よりずっと身近なものになりました。前は絶対的にタブーとされていた話題でしたが、今は芸能人もメディアで整形を公表する時代です。治療内容も、注射やレーザーなどメスを使ったものに限らないため手軽に受けられるようになったのではないでしょうか。そんな手軽な、いわゆる「プチ整形」の中でも有名なのがボトックスです。ボトックス注射が世間に与えるイメージは「シワ取り治療」ではないでしょうか。しかし最近ではそれ以外の効果でも注目を集めています。それがエラを解消する「小顔治療」におけるボトックスです。そもそも、この注射は眼科において顔面痙攣の治療で使われた薬剤でした。ボトックスには「筋肉の動きを抑える効果」があるためです。その効果を利用したのが先述の小顔治療という事になります。人の顔には噛む事により鍛えられる咬筋という筋肉があります。この筋肉が発達する事でエラの張ったフェイスラインになってしまう為、咬筋に直接ボトックスを注射する事で筋肉の動きを抑え、すっきりとしたフェイスラインに変化させるのです。美容整形外科での施術になるため、自費診療となり、費用はクリニックによって様々です。しかし、およその相場としては10万円から15万円程度になる事が多いようです。また、そもそもボトックスとはアメリカ、アラガン社の薬剤のみを言います。クリニックによってはその費用を3万円?などと謳っている事もありますが、費用が相場よりも大幅に安い場合は類似効果のある別の薬剤である場合が多いため確認が必要です。さらに、エラ治療におけるボトックスは1回の施術で半永久的な効果が得られるというものではありません。1回の注射で約1年は効果が持続します。そして、1年経って薬の効果が切れても、施術前よりエラのない小顔をキープできている事が多いようです。しかし、その効果を更に高い状態で維持させる、もしくは半永久的な効果にする事も可能で、約4?6ヶ月の間を開けて複数回(3?6回程)注射をするとよいとされています。その場合の費用ですが、3回注射する場合は30万円から45万円、6回注射する場合は60万円から90万円が治療にかかる総額という事になります。